家庭用脱毛器のメリットとデメリット

家庭用の脱毛器のメリットは4つあります。

1つ目は自宅で好きな時に脱毛が出来る事です。

仕事や家事、育児に多忙な方は予約した時間にサロンやクリニックに通う時間や労力が割けない人も大勢いると思いますが、家庭用脱毛器なら、そんな手間暇をかける必要がいりません。

2つ目はコストがかなり抑えられる点です。

フラッシュ脱毛器にはカートリッジが必要だったり、レーザー脱毛器にはバッテリーを消費する物もありますが、サロンやクリニックに支払う代金を考えると、初期費用でかかる脱毛器本体の購入代金だけで済むので、経済的な安心感があります。

3つ目は全身に使うなら圧倒的に安く済む事です。

サロンやクリニックのように、どこの脱毛にいくら、何回コースでいくらという費用がかからないので安心ですし、脱毛した所から生えてきてしまっても、家庭にあればすぐにケアが出来ます。

4つ目は常に綺麗な状態を維持出来る事です。

サロンで脱毛を行う場合、脱毛の照射は生えているムダ毛の毛根を処理する事なので、処理した後には当然、その時に生えていなかったムダ毛の毛根から新たなムダ毛が生えてきます。エステ、クリニックでの脱毛は2~3か月空けて生え揃ってから照射するので、次に照射するまでムダ毛が生えている状態になってしまいます。しかし、家庭用脱毛器ならば、自分で気になった時に処理が出来るので、常に綺麗な状態を保つ事が出来ます。

デメリットは3つ挙げられます。

1つ目は出力が劣る事です。

サロンやクリニックで使っている物とは違って小さいので細い産毛の処理は出来ません。

2つ目は熱さが辛い事です。

脱毛は凄い光エネルギーを照射して毛根を焼き尽くす仕組みになっています。最高出力でひげ等を処理しようとすると火で炙った針で突っつかれているような痛みを伴います。家庭用脱毛器にはファンが搭載されていて、機械を冷やしていますが、それでも痛みが伴うのです。

3つ目は自分で管理しなければならない事です。

脱毛の仕方や出力、照射する間隔等、説明書を読みながら自己判断せねばなりません。